プロダクトオーナーとは?役割、やること必要なスキル

スクラムの導入が進むにつれ、近年プロダクトオーナーも注目され、需要も高まっています。

プロダクトオーナーは、顧客から求められる要件を正確に理解し、整理できるスキルが求められます。
それが出来なければ、プロダクトの価値を担保する事ができませんので、プロダクトオーナーという仕事は大きな責任を担います。

この記事では、これからプロダクトオーナーを目指す方だけでなく、現在プロダクトオーナーとして現場で活躍する方にとっても現場レベルで求められるスキルの確認になるでしょう。

この記事でわかること

  • プロダクトオーナーの仕事や役割とは?
  • プルダクトオーナーに必要なスキル
  • プロダクトオーナーとスクラムマスターの違い
  • プロダクトオーナーとプロジェクトマネージャーの違い

プロダクトオーナーの仕事とは?何をするの

プロダクトオーナーは、プロダクトの方向性を決める責任者です。

開発の方向性の決定をしていく役割で、プロダクトの成功に対して大きな影響力を持ちます。プロダクトオーナーが優秀であれば、プロダクト開発がスムーズに進むことができると言えます。

プロダクト開発の方向性を決める仕事

プロダクトオーナーは、開発の方向性を決め、プロダクトの価値を最大化することに責任を持ちます。

顧客ニーズをもとにシステムの機能や要件を優先順位をつけた「プロダクトバックログ」を作成し管理することです。プロダクトオーナーは、プロダクトの費用対効果を考慮しながら開発チームがゴールできるようにプロダクトバックログの見える化・明確化に努めます。

プロダクトオーナーは指示はしない(プロダクトバックログを提示するだけ)

プロダクトオーナーは開発チームに指示を出さず、プロダクトバックログを提示します。開発チームはプロダクトバックログをもとに作業を行うため、情報が明確であり状況に合っていないといけません。たとえば、プロダクトの価値やターゲット像、顧客の要望、開発作業の優先順位など、詳しく明示します。

プロダクトオーナーは、作業指示の権限は持ちません。開発チーム全体の状況把握と、状況に応じた適切な対応が求められます。そして自らの時間の50%は開発チームと一緒に仕事をするのが理想的と言われます。

プロダクトオーナーの役割と責任

プロダクトオーナーが担う作業を紹介します。

  • プロダクトの目標(ビジョン)の明確化と共有
  • 顧客の要件を的確に反映する
  • プロダクトバックログの作成・管理
  • 優先順位の明確化
  • 開発段階の監視
  • 顧客の要求の把握、また顧客ニーズを予測し反映

プロダクトの目標(ビジョン)の明確化と共有

プロダクトオーナーは開発の完了のためだけでなく、プロダクトの価値を最大化するため、ビジョンの明確化に努め、そのビジョンをメンバー全員に正確に伝えます。
ビジョンが共有できていれば、たとえプロダクトオーナーが不在であっても、チームで問題が発生してもビジョンに立ち返り適切な対応が図れるでしょう。

顧客の要件を的確に反映する

プロダクトオーナーは顧客のニーズを読み取り、的確にプロダクトに反映させるべきです。一般受けするプロダクトを作っても、顧客の求めるものでなければ意味がありません。

プロダクトバックログの作成・管理

次にプロダクトオーナーは、スクラムチームが作業を行えるように、設定した目標を具体的な機能やバックログアイテムに作り変えます。

そうすることで、スクラムチームは、各バックログアイテムの詳細を理解できるようになります。

また、プロダクトオーナーは、バックログアイテムが会社の目標やユーザーのニーズに対応できるようにサポートすることができます。

例)プロダクトビジョン

ゲストが予約を簡単にでき、オンラインページ上ですぐに予約が完了できるホテル

例)プロダクトバックログ
  • ゲストとしてホテルの予約ページにすぐ入れる
  • 予約ページは見やすく簡単に予約をすることができる
  • ゲストとして予約日時を変更・キャンセルできる

優先順位の明確化

優先順位を付け、プロダクトバックログに明記するのはプロダクトオーナーの役割です。

スクラム開発では、プロダクトバックログの優先順位の高い項目から着手し、途中で問題や修正があれば随時更新され、優先順位は常に変わります。

プロジェクト全体に影響を与える遅延が発生した場合、プロダクトオーナーが責任を負うことになります。したがって、プロダクトオーナーは正確に優先順位付けを行い、状況に応じて変更する柔軟な対応が求められます。

プロダクトオーナーは、製品の機能を定義するのとともに、プロダクトバックログのリファインメントを行う役割を担っています。

これには、ビジネスニーズ、製品目標、ユーザー要件に基づいて、プロダクトバックログを管理し、タスクに優先順位をつけることも含まれます。

プロダクトオーナーは、製品のビジョンと、それがビジネス全体目標にどのように適合するかを、経営レベルで把握しているため、スクラムチームが最初に何に取り組むべきかを判断する支援を行うことができます。

開発段階の監視

新しい製品や機能を開発する際、適切に定義され、テストされ、実装されるように、多くの場合、事前に定義されたプロセスに従います。(多くの場合、アイデア出し、製品定義、プロトタイプ作成、検証とテスト等のプロセスになります)。

プロダクトオーナーは、ステークホルダー(主要な関係者たち)と連携し、製品開発プロセスの各段階において注意深く監視し、成功に導きます。

顧客の要求の把握、また顧客ニーズを予測し反映

顧客のニーズを読み取り、的確にプロダクトに反映させるのもプロダクトオーナーの重要な役割なのです。
一般受けするプロダクトを作っても、顧客の求めるものでなければ意味がありません。

また、優先順位づけに加え、プロダクトオーナーの重要な役割は、関係者がプロダクトバックログを見て理解できるようにすることです。

そうすることで、関係者は、以下の様なことが明確に理解する事ができます。

  • スクラムチームが自分たちのフィードバックを具体的な製品機能にどのように組み込むのか
  • なぜ特定のタスクを他のタスクよりも優先するのか
  • 新しい機能に関するリクエストの現実的なスケジュール

プロダクトオーナーに必要なスキル

以上のように、スクラム開発成功は「プロダクトオーナー」が鍵を握っています。重要な役割を担うプロダクトオーナーはどのようなスキルを求められるのでしょうか。

プロダクトオーナーに必要なスキル

開発・製品に関する幅広い知識

顧客が抱える課題解決を図るため、開発や製品に関する幅広い知識が必要です。限られたコストやリソースを最大限に活かし、顧客の求めるソリューションを提供しなければなりません。

コミュニケーションスキル

開発チームがひとつとなり、共通ゴールに向かうためには、結束力が大切です。すべての開発情報を共有し、活発な意見のやり取りができる風通しの良いチームを求められます。

また、ゴールのビジョンをチーム全体で共有するために、コミュニケーションスキルは必須です。ビジョンが伝わらないと開発チームがうまく稼働せず、開発の失敗につながりかねません。

リーダーシップと決断力

プロダクトオーナーは、顧客の要望に対して適切な代替ソリューションを提案できる力が必要です。顧客の求める要件をすべて受け入れていては、コストだけが膨らみ、開発の方向性を見失いなってしまうかもしれません。

交渉力

プロダクトオーナーは求められた要件に対し適切な判断を下し、時には「ノー」と言うことが必要です。なぜそういう結論に至ったのか根拠を説明し、代替案を受け入れてもらうことで、開発を成功に導きます。

プロダクトオーナーとスクラムマスターの違い

開発の責任者というと、スクラムマスターやプロジェクトマネージャーという役職も存在しますが、プロダクトオーナーとどう違うのでしょうか。

スクラムマスターは開発を円滑に進めるために支援を行います。スクラムマスターは、その名のとおりスクラムのマスター、つまりスクラム開発の熟知した人のことで、スクラム開発のプロセスを正しく実行できているかに責任を持ちます。コーチングやチーム内のコミュニケーションのサポートをします。

プロダクトオーナーとチームの橋渡し役といっても過言ではないでしょう。そのため、スクラムマスターとプロダクトオーナーは兼任はお薦めできないと言われています。

プロダクトオーナーとプロジェクトマネージャーの違い

プロジェクトマネージャーとは、従来のウォーターフォール開発においてスケジュール管理やチーム管理などプロジェクト全体の責任を負う人のことです。スクラム開発においては、プロジェクトマネージャーは存在しません。その代わり、責任が役割ごとに分散されています。

スクラム開発では、プロダクトオーナーがプロダクトの責任を負い、スクラムマスターがプロダクトオーナーとチームをサポートしながら開発を進めます。

プロダクトオーナーの将来性

プロダクトオーナーの需要は、年々高まっています。従来プロダクトオーナーは、あまりメジャーな職種ではありませんでした。しかし、近年においてプロダクト開発のために重要な役割であると認知されてきています。プロダクトを最善・最適な状態で開発するためには、プロダクトに責任を持つ人が必要です。

プロダクトに求められる要件がうまく整理できていなければ、プロダクトとしての価値が担保できない可能性があります。ここに責任を持ち、プロダクトを成功に導くための役割としてプロダクトオーナーは重要です。

プロダクトオーナーになる資格

弊社でも提供しているプロダクトオーナー研修を受け、プロダクトオーナーに必要とされるスキルを実戦形式で学びます。認定プロダクトオーナー研修を受けるだけで、プロダクトオーナーとしてのスキルアップが期待でき、きちんと学習頂き認定を受けることができれば、プロダクトオーナーとしてのスキルを客観的に証明することにもつながります。
クラスでは、プロダクトオーナーに求められることの全般を学びます。具体的にはペルソナの決定方法、リリース計画の立て方、意思決定の仕方などさまざまです。

また、純粋にプロダクトオーナーに求められるスキルだけではなく、プロダクトバックログの分割など、効率よく業務を遂行するための応用的なスキルも学べます。

まとめ

プロダクトオーナーは、近年注目され、需要が高まってきている職種です。プロダクトに求められる要件をリスト化し、プロダクトバックログを作成し、プロダクトを成功に導く重要な役割です。しかしながら、現状としてはプロダクトオーナーとして活躍している人は比較的少ない状態ともいえます。プロダクトオーナーとして活躍したいという人は、実務経験を積むだけでなく、研修に参加し資格を取るなどしてみると良いでしょう。

スクラムチームとともに、認定プロダクトオーナーとしてプロダクトの価値を高め、顧客、チーム、ステークホルダーの満足度を向上させ、そして自らもハッピーになれる開発を目指しましょう。